五十公野で2連敗・・・

コメントをどうぞ

五十公野で2連戦。
U18は鹿島アントラーズユースに1-3、
レディースは長野パルセイロレディースに1-2で敗れ2連敗。
17日のトップに続き3連敗となりました(涙)。

プレミアリーグ降格圏に沈むアルビレックス新潟U18は勝って鹿島との差を縮めたい試合。
前半4分に失点、23分に2失点目。
鹿島との体格差が目立つ、1対1の勝負にことごとく負けているのが気になる。
後半50分長谷川巧のミドルで1点を挙げる。1対1の勝負にも果敢に挑んでいる。
さあこの流れで行こう!という展開だったが、鹿島が2人を同時に交代。
流れを変えられ、またもや鹿島のペースになる。ここは試合巧者の成せる業か??
70分にとどめを刺される。一つ上の順位鹿島との勝ち点差が6に開いてしまった・・・。
強い!との印象な鹿島が下位にいるわけだから、プレミアリーグのレベルの高さがうかがえます。最後まであきらめず闘ってもらいたい。

次はレディース。
右サイドハーフに入った斉藤友里が抜群のボールキープ。
持ち上がってチャンスを作る。11分斉藤のクロスから八坂芽依のヘッドで先制!
追加点のチャンスも多いがなかなか決まらない。いやな流れだ。
38分CKから失点・・・それもポストの跳ね返りだ。
流れの中からほどんどチャンスを与えず、天敵・横山も封じていただけにもったいない。きっかけはコーナーでの攻防で八坂が相手に当ててボールを出そうとした?が、逆にゴール前に転がってしまったことから。危険なエリアではセーフティーにいくべきだった。

後半もペースは新潟。しかし追加点は奪えず。
61分大石沙弥香IN、巧みなポストプレーからのチャンスも実らず。
68分佐伯彩IN、右サイドを突破しゴールラインぎりぎりからのクロスも実らず。
八坂がGKと1対1になるが、これも実らず。
絶好の位置での上尾野辺めぐみのFKも実らず。

あ~引き分けか~と思ったアディショナルタイム。
新潟ゴール前でのクリアボールを拾われミドルシュートをぶち込まれジ・エンド。
あ~ホントにもったいない試合だった。

長野から大挙駆けつけた長野サポを喜ばせる展開に。
まあ熱いのは良いんですが、メインスタンド中央までズカズカ侵入して来るところは浦和とか仙台に通じてウザい。さらに大声でコールもしちゃうからもっとウザかった。ゴール裏行けっちゅーねん。
こっちも熱くなって応援するから相乗効果かもしれないが、今後トラブルも起きうる。
まあ新潟のそれもレディースサポはやさしいから、今回は見逃してやったで。

アルバムはコチラ

ユース今季初観戦

コメントをどうぞ

今季初のユース試合観戦。
トップと被ったり、レディースと被ったり。なかなか行けなかった。
高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ北信越 第7節
アルビレックス新潟U18vs新潟西 3-0で勝利。

スコア的には快勝ですが物足りない。
7分と28分にドリブルからシュートを決め
43分にゴール前での落としからズドンとシュート

後半も畳み掛けるかと思いきや、無得点。
単調な攻撃の繰り返しで得点できず。
個人でのドリブル突破、サイド攻撃もアーリークロス一辺倒では長身FWが居るわけでないので厳しい。

途中から左サイドハープに入った1年生・山賀和輝の積極性が光り、こぼれ球を押し込めば!得点という場面では力が入ったのかポストを叩いてしまった・・・。

守備は7節まで完封が無かったそうですが、この試合は完封。
しかし、前半ピンチらしいピンチは無かったが後半は少しバタバタ。
気が緩むのでしょうか?

昨季から試合に出ている選手が多いので、連係もマズマズ、試合が見えてコーチングもばっちり。
でも、なんか物足りないんだよな~

平松宗だけじゃないぞ~

コメントをどうぞ

アルビユースを卒業後、大学進学
そしてJリーガーに。

アルビレックス新潟では平松宗が初めてですが
他にも先輩がいますよね。

阪南大から大宮に加入した泉澤仁選手。
新潟医療福祉大からFC岐阜セカンドそしてFC岐阜トップに昇格した比嘉諒人選手。

そして新たに誕生したJリーガーが小林誠選手。
桐蔭横浜大を卒業後2013年にザスパ草津チャレンジャーズに入団。
そして今季からトップチームへの昇格を果たしました
おめでとう!!!
小林誠くんはユース時代は2年生くらいまでなかなか試合に出られませんでした。
Bチームで臨む天皇杯予選で結果を残して、夏のクラブユース選手権でAチームに昇格。
3年生では不動のボランチとして活躍、セカンドボールを拾いまくってた思い出があります。

苦労して苦労して勝ち取ったJリーガー。
本人の努力はもちろんご家族の応援もあったことでしょう。
今度はなんとか出場を果たし活躍してもらいたいですね~
そしてプロ契約を勝ち取りましょう!!

参入戦で散る

コメントをどうぞ

すでにご存知でしょうが、アルビレックス新潟U18はプレミアリーグ参入戦1回戦で米子北高校に0-3で敗戦。
来季のプレミアリーグ昇格はならず、プリンスリーグで闘います。

珍しくというか、初めてか?モバアルで試合の詳細と監督・選手のコメントが出てました。
どうも立ち上がりは硬かったらしい、11分に先制を許すと18分にも失点。
引いた相手に主導権を握るも、得点を奪えず。ここで得点が入れば流れが変わっていたのかも。
後半はピンチの連続、耐えて反撃に出るも、前がかりになったところをカウンター攻撃を受けたまらずPK献上。
相手のエースストライカーにハットトリックを決められちゃった・・・

う~ん残念。
選手のコメントにもありましたが、新潟は雪で練習もままならず、広島に入ってからも雪で順延・・・。
試合もしばらく無かったような・・・。
いろいろと不利な条件が重なってしまった。
来季もプリンスりーグ北信越で戦うことになりました。
しかし、富山一高がプレミア西を降格しプリンスリーグも群雄割拠。
参入戦への参加枠が減ったとしたら、厳しい闘いとなります。
頑張ってもらいたいものだ。きむジイも応援するぞ~

しかしなんで広島開催なんでしょうね??
遠い・・・旅費だけで6万円くらいかかるでよ。
来年は関東でお願いします。

※天皇杯決勝戦はガンバが横綱相撲で勝利。三冠達成。
勢いでは山形でしたが、個の力の差が大きかった
ガンバが引いて守ってカウンター攻撃ってなんだかズルイなぁ。
そのブロックの前でボールをまわすだけの山形、なんだか他人事ではないなぁ・・・
山形厳しいんじゃないの?J1で。
なんて言って余裕をぶっこいているヒマは無いけどね。

スカパーでホーム川崎戦を見直す

コメントをどうぞ

いや~勝つていいね~
スカパーの録画をすでに2回も見た。

この日は負ける気がしてませんでした。
なぜならジュニアチアリーダーズが出演するから。
メンバーの家庭教師をしている方に聞きましたが、彼女たちは負け試合を見たことがないとか。
これからホームゲームには毎回きてもらいたいものだ。

ホームで相性がいいフロンターレが相手っーのもあったね。
洗練されたパス展開の川崎に対して、粘り強く守るアルビ。懲罰ベンチ外の舞行龍の不在を感じさせません。
左サイドバックの小泉慶も粘り強く守ってゴールを割らせません。後半は良い攻撃参加もあったね。

指宿もフィットしてきたし、ラファエルは動きがしなやか、意外性のあるテクニック、味方も使う視野の広さ、守備サボらないし。
アタリ!!です。技ありのゴールも決めて、得点量産のニオイがプンプン

山本康裕も移籍後初ゴール。ようやくといった感じ。
彼はスルーパスを出すことに満足してしまって、パス出して立ち止まっていることがある。
奪われたら取り返す、そういう姿勢がアルビのスタイル。泥臭さが出たら一皮剥けるのでは?(超 上から目線だが・・・)

試合前はU18のJユースカップ、横浜YSCC戦。
15-0の圧勝。相手のレベルが低すぎた。
この試合のタスクは大量得点で得失点差を稼ぐことであっただろうから、任務完了である。
大量得点にもピッチ内から「まだまだ行くぞ!」との声も聞こえたので、集中して臨んでいたのでしょう。
ギャラリーのほうがよっぽどダレテましたワ。

反省。

アルビU18リベンジされる

1件のコメント

高円宮杯U-18サッカーリーグ2014プリンスリーグ北信越は今日が最終節。
アルビレックス新潟U18は星稜高校と対戦。結果は1-4の大敗。
すでに優勝は決めているとはいえ、無敗で優勝という勲章が欲しかった。
6月14日の対戦では6-0と星稜に圧勝しましたが、今回はリベンジされましたね。
まず試合の入り方が違った、試合前から笑顔の見えるアルビ。
嫌な予感がしましたが案の定押し込まれる展開に。
星稜は両サイドにスピードのある選手を置き、すばやくサイドに展開。
この対応にアルビの守備陣は手を焼いた。右サイドバック飯野七聖が上がれなくなる。
中盤のパス交換も星稜の出足のよい守備にカットされカウンターを食らう。
20分混戦からゴール前でフリーの選手を出し失点
23分ロングフィードから抜け出た堀航輝がきめて1-1
29分アルビの左サイドを攻められ、DF小池裕太が対応するもミドルシュートを打たれ1-2

後半 堀OUT奥直仁IN
奥のポストプレーで基点をつくり攻勢をかけるが連動性にかけ得点できず。
17分カウンター攻撃から失点1-3
29分星稜CK、ショートコーナーから繋がれ失点1-4
アルビU18はプレイシー哲磨を投入し、意地の反撃を見せますが星稜にあしらわれた・・・。
完敗。

90分を通して立て直せなかった。
先制された直後に追いついた時、後半開始の攻勢の時ここがチャンスだったな。
ま、天狗の鼻をへし折られたということで、またネジを巻いてもらいましょう。
10月5日からJユースカップも始まりますしね。

つまらないので帰宅後昨日の名古屋戦を再度見る。実況解説を消して。
するとヤンツー監督の声を集音マイクがひろっていた。

カウンター攻撃、裕紀を体当たりでとめるトゥーリオ「赤だよ赤!引っ張って手を出して、2回やってるよ!!」
後ろから脚を引っ掛けられるレオ「一番あぶないよ!後ろから行ってるよ!なんでカード出ない?」
カズが競り合いで32をふっ飛ばしファール「なんで~何でファール??わからんてー」
マツケンが競り合いでレドミを倒す「ノーノー全然ファールじゃないよ!」
ジャンプしている健太郎に体当たりする32「ヘーイ!あぶなーいイエローじゃないの?ああいうの」
競り合いでヒジを使ってカズを倒すレドミ「ブラジル人に舐められますよこのままじゃ」

とにかく熱かった。いつも熱いのかもしれませんがマイクが拾いまくり、映像を見るとヤンツー監督左斜め後ろにあったよマイクが。
選手にも絶えず声をかけてました。
しかし「ラファ!ラファ!前に!!」って
通じてんのかしら???

スカパーでホーム浦和戦を見直す

コメントをどうぞ

浦和戦の前にプリンスリーグ アルビレックス新潟U18vs北越高校 
は5-0でアルビU18の勝利。
すでに優勝を決めたアルビU18ですが、怪我人が続出らしい。
バックアップメンバーの奮起も必要ですので重要な試合。
しかし立ち上がりから北越に押し込まれる、北越は選手権に向けて調子をあげてきた模様。
しかし北越はラストパスが精度を欠き、なかなかシュートまで持ち込めません。
後半開始2分アルビ・堀航輝がロングフィードから抜け出てGKの位置を見てシュート、先制ゴールを決めた。
14分CKから吉川佳介が決めて2-0
21分CKの守備からカウンター攻撃宮崎幾笑からつないで堀航輝が決めて3-0
35分ゴール前でパスを受けた鎌田啓義がDFをかわしてシュートを決める4-0
43分左サイドを突破した登坂信裕から宮崎幾笑へミドルシュートをぶち込み5-0

調子が悪いながらも5-0で大勝。
北越は良いリズムで攻めながら得点ができないまま失点、追加点を奪われ集中力が欠ける悪循環。
そう、まるでアルビのトップチームのようだ。

気分良くビッグスワンに到着したが2時間後には凹む結末に・・・。
スカパー解説の秋田氏もなんだかムカつく。「指宿にはハイボールですよ」って足もとの技術もしっかりしてますよ
過去の試合を見て無いんでしょうね。
監督インタビューはボイコットなのかヤンツー監督出てこず。
秋田氏とのバトルも期待したのですがね・・・

終盤はレオシルバもありえないミスをする。顔も険しい、相当ストレスが溜まってますな。
最終ラインから大井が再三上がってましたが、FWの不甲斐なさに業を煮やしているのか?
本当に点が取れません、セットプレーもトホホなボールばかり・・・。

中3日でまた苦手な瑞穂か・・・また固定でこのメンバーか?
松原が矢野にぶちぎられ、ナントカ又に決められそうな悪寒もしますな・・・。
当日は工場の棚卸のため休めず、スカパー観戦の予定。
オウンゴールでもなんでも良いので勝ってくれ~~~

Older Entries