痛すぎる痛み分け。

コメントを残す

9月23日 なでしこリーグ13節 ホームジェフ千葉戦。追いつかれて1-1のドロー。トップに続き痛み分けだが、とても痛すぎる引き分け。

両チーム勝てば3位、2位との差も縮まる。特にアルビは前節神戸に大敗しもう負けられない状況。勝って踏みとどまりたかった。

台風の影響で猛暑、強風の中で行われた試合。前半風下だったが試合は優位に進める。FWに入ったDF左山桃子は周囲との連携も深まり良い感じ。19分初スタメンの千野七海の初ゴールで幸先よく先制。千野は動き出しのタイミングも良く、パスも出せる。得点シーンは左サイドからのクロスがながれてきたところをゴール前でダイレクトで合わせた。センスの有る技ありゴール。

しかし8戦負けなしのジェフも強い。激しいプレッシャー球際の強さ、アルビと一進一退攻守の切り替えの早い好ゲーム。

が、前半終了間際にアクシデント。センターバック中村楓が負傷交代。左山をセンターバックに入れ、石淵萌実をFWに入れる。

後半も優勢に進めるアルビだが、追加点があと一歩届かない。すると69分左山がPA付近でファールを与え、FK。左山がマークしていた大滝に決められ同点に。左山には何とも酷な展開。

両チーム勝ち点3を狙い激しい試合。チャンスはアルビに多かったが、結局活かせず引き分けに終わる。

うーん何度も見たこの光景。ずーっと抱える課題ではあるが石淵のプレーに克服への可能性を感じる。あとはシュートの精度、落ち着きといったところか?

で、どうでしょう。トップチームのレオナルドと練習をしてアドバイスを得るってのは??レオナルドはシュートだけは旨いじゃん!なんか良いヒントを得られそうなんだけどなぁ~

広告

リーグ戦再開。

コメントを残す

9月1日 なでしこリーグ第10節ホーム長野パルセイロ戦。1-0の勝利!!

54分1トップFW石淵に代わりDF左山桃子。ん?並びはどおなる?と思いきやそのまま1トップに入る左山!どよめく場内。

1トップに入った左山のプレーはFWそのもの、ロングボールをヘッドで落としキープしたり、ワンフリックでパスを繋いだり、味方のクロスにゴール前に飛び込む、それもプルアウェイで相手DFとの駆け引きもバッチリ!相手DFも混乱したでしょうね。われわれも大混乱でしたがwww

引いて守る長野に攻めあぐね膠着状態だったが、見事に流れを変えた。66分相手のクリアボールを拾った上尾野辺が大きく浮かせてボレーシュート!これがズバーンと決まって先制!

長野の反撃は結局横山だのみ、そこはイ・ヒョギョンが厳しく当たる、自由にさせない。新潟の交代策も嵌り流れを渡さない、なんせ左山、大石、佐伯、阪口とレギュラークラスを控えに置く贅沢な陣容。

復帰の児玉桂子、怪我から復帰の川村もボランチで出場。川村はさすがの存在感、相手ゴール前にも侵入し、引いた相手を崩そうとサッカー「脳」も発揮。

左山、川村、児玉と中断期間中に補強に成功した感じになった。中断期間にきっちり練習を積んできたのでしょうね。この勝利で3位浮上、首位との勝ち点差は3。トップチームのプレーオフ進出よりよぽど可能性があるわ。

女王強し。

コメントを残す

7月15日 なでしこリーグカップ第10節 日テレベレーザ戦 1-2の敗戦。

予選突破の可能性が無くなった消化試合ではあるが、「五十公野満員プロジェクト」とうたい今季最多の観衆の前で無様な試合は見せられない。しかし現実は「女王」の強さを見せつけられる結果に。

日テレはワールドカップメンバーをベンチスタートにして1.5軍なのかな?しかしそれがメチャメチャ上手い。ベレーザ=パスワークと思いがちだが、もちろん流れるような攻撃も流石でしたが、注目したのがディフェンス。

ハイプレッシャーとか引いて守るとかではなく。寄せの速さと絶妙な距離感。付かず離れずの距離で動きを止め、隙あらばボール奪取。数的有利も作られアルビは孤立しがち。珍しくバックパスが多かった。

スコア以上に感じた力の差。ベレーザは下部組織からのたたき上げが多い、一貫した指導の賜物。対するアルビはガールズから昇格してきた選手がまだまだ戦力になってきていない。

そろそろ本腰をいれて育成強化が必要かもしれない。開志学園と提携した全寮制にするとか、トップチームのお手本があるではないか。

ちょっと厳しめな記事になりましたが、改革を進める山本社長への期待も込めて!という事です。

PS試合前、グッズ売店に行くと、販売補助をしていた川村選手がこっちを見て「来た!来た」と言うので誰が来たのかと振り返ると誰もおず、きむジイの事だった(笑)「応援のぼり旗どうですか??」「え?おれ??」いつもいっぱい買ってるからどうかなぁ~と思って」2種類で6500円…高けぇ~ってかどこに掲げる??

丁重にお断りしました…。でも左山桃子に勧められたら買ってたかもしれない(←アホ)

潟る。

1件のコメント

6月23日なでしこリーグカップ第7節ホーム・ノジマステラ戦1-1の引き分け。88分に追いつかれてのドロー。決勝トーナメント進出に黄色信号がともる痛い引き分け。

15分に阪口萌乃のゴールで先制する理想的な展開。追加点を取るチャンスも多かったがここを決まられない。

この試合は采配に疑問が残る。右サイドバックに松原を起用。攻撃的選手なので左SBの北川がバランスを取ったのか攻撃参加が少な目。この時点でアルビのストロングポイントを失った。

65分に佐伯OUT山谷IN。山谷を右SBに入れていつもの布陣にするかと思ったらそのままサイドハーフへ。

78分大石OUT上尾野辺IN。ワントップに入るがここからトップに収まらなくなる。セカンドボールを拾えず、中盤は疲労からプレッシャーが掛からない。88分園田OUT左山IN。左山の交代準備中に失点してしまう、もっと早く交代できなかったのか??

もっとも追加点を決めていればこんな結果にはならなかったわけで、決定力の無さもそうだが、大事な試合での勝負弱さも露呈。

このままじゃシルバーコレクターのまま。点取り屋の発掘、育成が急務だ。

あと思ったのが、アウェイチームにメインスタンドで太鼓を叩かせるのはいかがなものか。大した音量ではないのだが、コール・チャントが独特というか個性的でリズムがヘンテコでズッコケる感じ。アルビの選手はリズムを崩したのでは?  なんてね

スタンド中央ではアウェイユニ着用禁止でもいいでしょう。試合後目の前でいつまでも騒がれたら腹立たしくなりますワ。

アベック勝利。

コメントを残す

アベックってのも昭和だが、おじさんだからしょうがない。

トップチームは昨日アウェイで岐阜に勝利。連敗を4で止めた。さきほどやっとDAZNを見終えたが「前田遼一ありがとう!」って感じだね。あそこでPK決められて同点にされたら『豆腐メンタル』のアルビレックス新潟はガタガタと崩れたかもしれない(ニイガタだけにガタガタ…ってやかましいわ)

岐阜が酷すぎてこの勝利だから慢心だけは勘弁していただきたい。

で、本日はアルビレックス新潟レディース、年一回の当間開催に行ってきました。

アルビレックス新潟レディースvs長野パルセイロレディースは3-0の完勝圧勝。

ピッチが近いので臨場感がたっぷり。圧巻だったのが左SBの㉔北川ひかるのプレー。

まさにアグレッシブ。仕掛けるし、プレッシャーは強いし、速いし、可愛いし3拍子も4拍子もそろってるわ。

味方がボールを持つとタイミングよくオーバーラップ。タイミングが良いのでパスも出てくる。受けるとドリブルで一対一で仕掛ける。アーリークロスや深くえぐってからのクロスなど多彩なクロスを供給。かと思いきや中に切れ込んで今度は右足でスルーパス。それもまた適確に通るんだわ。圧巻だったのはドリブルでで運びながらパスの出し所を探していて、無いとみるや一気に加速して抜きにかかった場面。

大げさじゃなく「キュイーン」って音が聞こえた加速装置でも付いているかのよう(笑)

バックパスなんか前半一度もしなかったんじゃないかしら?川口尚紀に見せたいこのプレー。マジで。

園田瑞貴がハットトリック達成。いや~ハットトリックなんか見たのは何年ぶりか?トップチーム含めてね。

そんなワクワクするサッカーをトップチームしか見ないサポにも見てもらいたいと切に願います。ネット中継があったらしいのでリンクを貼っておきます。

もったいない。

コメントを残す

なでしこリーグ第8節 アルビレックス新潟レディースは五十公野で日体大と対戦。スコアレスドローに終わり順位を4位に下げてしまった。

得点機会は多かった、相手の守備も崩して何度も相手ゴールに迫った勝ち点3はほぼ手中に収めていただけに本当にもったいないゲームだった。

試合自体は非常に激しくエキサイティング。下位の日体大も真っ向勝負。粘り強い守備とGKの好守を最後まで打ち破れなかったなぁ。

アルビレックス新潟レディースの試合は本当に面白い。とにかくバックパスが少ない、仕掛ける、勝負する、取られたら取り返す、フリーランニングを惜しまない。この試合は上尾野辺がベンチ外だったが、エースの不在を感じさせないくらいの連携をみせてチームの成長を感じさせた。しかし無得点だったわけなので彼女が居たらもっと何か『違い』を出したかもしれない。

注目だったのが左SB北川ひかるのプレー。とにかくアグレッシブ、走れるしパスも繋ぐし守備もハード。ミドルシュートも強烈。びっくりしたのが左サイドで詰まった場面だ、バックパスで逃げるかと思いきやアウトサイドに蹴り猛然とダッシュ、ゴールラインギリギリでクロスを上げた。(野人岡野が見せた自分にスルーパスってやつのよう)

彼女のプレーは昨季も見ていたはずがそれほど印象になかったが、今季は欠場中に売店などでお話しする機会も多かったので注目度が違うんですよ(ユニの背中に12って書いてもらったしね)。

売店に立つことは決して無駄ではないんです。サポーターの感情移入度が変わります。この前までチケット販売していた入江、加藤がベンチ入り(加藤は途中出場)スタンドで勝ちの種の移動販売をしていた千野は前節リーグ初出場を果たす。加入してまだ出場機会のない池田玲奈。いつも売店の補助を嫌な顔をせず頑張っている、そんな彼女のファンも多いはず、腐らず練習に励んでもらいたいです。試合出場を果たした暁には自分の娘の事のように感涙にむせぶサポが続出することは間違いない⁉

psワールドカップ代表に選出されたGK平尾知佳の挨拶がありました。新潟の代表として是非頑張ってきてもらいたい。また優勝パレードしたいぞ~~

神様、仏様、平尾様

コメントを残す

令和元年5月2日 なでしこリーグ第6節 ホームvsノジマステラ 1-0の勝利。

昔むかしプロ野球で「神様、仏様、稲尾様」という伝説があったのですが(モチロン、オンタイムデハナイ)。今日の試合はGK平尾知佳が神に見えました。6点くらい止めたのでは?1対1のシュートストップ、鋭い飛び出しからのクリア。危ないCKをキャッチ、八面六臂の大活躍。

まあDFライン裏を取られまくった守備は「なにしてんねん」ちゅう話でもあるけどね。

ワントップは常にプレッシャーを掛け続け、裏を狙い続け走りまわる。サイドの仕掛け中盤での繋ぎ、途中交代の選手は勢いをもって疲れた相手をかき回す。

目の前にワクワクするサッカーが展開されています。

トップチームの選手も見に来たら良いのに。

よーし YouTube なでしこチャンネルで試合を試合を見直すとしますか!!

Older Entries