久々のサテライト。vsベガルタ仙台

コメントを残す

 
本日はサテライトホームゲームvsベガルタ仙台を観戦してきました。
サテライトは今日が最終戦、今季は結局2試合のみの観戦となりました。
 
会場には仙台からのサポもかなりの人数来てましたが、太鼓をたたいたりコールをする人はいませんでした。
昔はいたんだけどな~
メンバーは    川又   亜土夢
     河原   木暮 寺川   彩翔
        中野 大野 マイケル 高徳
              野澤           サブ・・・武宰士、泉澤、樹、優のユース組
                                樹選手祝はじめてのメンバー入り!
いや~木暮のギャル人気は凄いですな~もっと前面に出して女性客を獲得しよう!
WeekKomachiにドンドン露出させて、川又・亜土夢らとユニットでCD出して、写真集だしたり~
新規顧客獲得にはなりふりかまってられません。その前にスタメン奪取か・・・。
 
仙台のメンバーには中原、中島、宮澤、田之上といったメンバー、中原のギャル人気もすげ~ぜ
中原・中島の2トップはサテライトにしては豪華です。
さて試合ですが、開始早々川又がゴール!ちょっと目を離した隙だったのでどんな展開かわかりません。
その後も仙台のプレスが緩いためか?自由にボールをまわしミドルシュートも積極的。
亜土夢は好調を維持している模様、ボールに良く絡んでます。
河原もアウトサイドから中に切れ込んだりと積極的、守備も頑張ります。
マルシオの出場停止をチャンスに変えようと、積極的です。
私的に期待の彩翔、得意の前目のポジションでしたがちょっと空回り?
サイドバックやらされたり、ボランチだったりでプレイ感がくるったのかも・・・。
スランプに陥ってる場合では無いです、救世主を我々は待っているのですよ!
マイケルはセンターバックが合っている模様、サイドバックより安定しているのは気のせいか?
身長もあるし化ける可能性もあるな・・・。しかしセンターバックの層は厚いんだよね~唯一。
大野も怪我明けでまだまだ試合勘が戻っていない印象。もっと当りや競り合いが強いはず。
ただ相手FWが野澤と1対1になりそうになった場面、後ろから追いついた守備は見事!
走力が上がっているし、身体つきもユースの頃よりひとまわり大きくなっている。
地道にトレーニングしたおかげでしょう、怪我をバネに頑張っているね~
前半は1-0で終了。
 
後半は寺川アウト武宰士イン。仙台も中原アウト田中イン。
中原はタッチライン際でのヘディングでトラックに転倒、膝を打った模様。大事に至らねば良いのですが・・・。
相変わらずダイナミックなプレーを魅せてくれました。
 
後半開始早々仙台・中島が裏に抜けゴール!追いつかれます。
後半は終始仙台のペース、代わって入った田中康平が下がってボールを捌きます。
中島との元鹿島コンビも息が合ってます。
攻め込まれるシーンが目立ちますが、シュート・クロスの精度が無く助かります。
決定的シーンも野澤がファインセーブで防ぎます。野澤の反応の良さはまだまだ健在ですね。
アルビも反撃に出ますが、パスの出しどころに迷って遅れ、バックパス、ミスパス。
トップチームと同じ症状が現れます・・・。木暮・武宰士もイマイチ展開力なし・・・
それにしても野次が酷いこと酷いこと・・・「へたくそ~」ってマイチームに言う言葉かよ~
 
その後両チームとも決定力を欠き1-1で試合終了。
結局マルシオの代わりは、「帯に短し襷に長し」といった感じで誰がいいのでしょう。
素人の妄想だと、亜土夢をFWでアレッサンドロの下におき、貴章をアウトサイドで使うってのが
ワクワクするんですが・・・。
貴章がサイドをドリブルでゴリゴリ突いてチャンスメイクとかさ、有りでしょ。
 
 
 
画像 053
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

河野がすげ~よ・・・サテライトヴェルディ戦

コメントを残す

印象に残ったのは河野だけ。
そんな選手はアルビにいたっけ?ってヴェルディの和製メッシこと河野広貴選手です。
とにかくドリブルのキレが良い!アルビのDFは止められませんでした。
そのほかにも嫌な所に侵入してくるし、守備での危機察知能力も抜群。
ビッグスワンのホームゲームでは河野に注目している暇がありませんでしたが、
今日は能力を見せ付けられました。2ゴール1アシストの大活躍。
まだ18歳、末恐ろしいが日本サッカー界のためにヴェルディはしっかり育ててほしいですね。
 
今日はサテライトホームゲーム初戦、東京ヴェルディ戦です。
久々の市陸はなんだか懐かしかったなあ~
アルビはようやくサテライトの試合に、メンバーを揃えられるようになりました。
それだけ怪我人が多かったということ、ボランチに木暮が戻ればもうちょっとまともになりそう・・・。
 
ヴェルディは萩村、飯尾、広山そして河野というサテライトにしては豪華メンバー。
怪我で船越、海本幸治郎が不在なのは残念です。
 
アルビでは川又、FJマイケル、中野に注目したが。
川又はポストプレーではまったくタメを作れず、競り合いでは勝てず、オフサイドに何回もかかる・・・。
バタバタしているな~という印象。GKとの1対1を冷静に決めたのはグッジョブ!
マイケルはスピード不足、キレが無い、中野はミスの連続で観客のため息をさそってました・・・。
SBの層の薄さを痛感、というか内田、松尾に怪我でもあったらと考えるとゾッとします。
 
鈴木大輔は良かったです。ラインコントロールし最後尾からのコーチングも良くきこえました。
1対1での対応も粘り強く簡単には負けませんでした。
海本とともにCBのバックアップは充分ですな。
 
サテライトの試合に過剰な期待をするとガッカリすることが多いので、
今日は何かめっけもんがあれば良いかなと思ってましたが、それがヴェルディの河野とはちょっと淋しいな。
 
 
 画像 032
 
 
 
 
 

丸山と栗原を応援してきました~

コメントを残す

 
今日は北信越リーグ、グランセナ新潟vsAC長野パルセイロを観戦してきました。
目的は今季より長野に加入した丸山良明選手と2年目の栗原明洋選手の応援です。
 
グランセナ新潟 1-11 AC長野パルセイロ
 
会場には長野から大型バス1台を含め、たくさんのオレンジサポが終結しました。
アルビオレンジよりちょっと明るめ?というか蛍光色ぽいような・・・。
丸山目当てのアルビサポもチラホラ見えます。
丸山は4バックのセンターバックでスタメン。栗原はサブからのスタートです。
 
試合開始1分いきなりゲームが動きます。
グランセナのGKがエリア外で長野の選手を倒し一発レッド!退場です。
しかし直接FKは交代したGK(アルビシンガポール出身)がファインセーブ。
その後も勢いにのって長野が攻めますがシュートの精度、クロスの精度が悪く
得点が決まりません。グランセナもよく身体を張って防ぎます。
21分グランセナの久々のチャンス、浮き球でディフェンスラインの裏へ~
FW⑪がうまく反転してシュート!これがきまり一人少ないグランセナが先制です。
部外者からすると「ゲームがおもしろくなってきた!」んですが、
長野サポからしたら気が気でないでしょうな~
 
29分長野がPK獲得!同点に追いつきます。
さらに34分グランセナの要だったボランチ⑧がラフプレーでこちらも一発退場。
2人少なくなったグランセナはさらに苦しくなります。
しかし前半は守りきって・・というより長野の決定力の無さで1-1。
特に元ジェフの要田が大ブレーキでした。
丸山は相棒の籾谷が再三オーバーラップするので一人残ってカバー
それほど攻められませんでしたが1対1の強さは健在、
独特のフォームのヘディングクリアも堪能しましたスマイル懐かしかった~
 
後半は怒涛のゴールラッシュ。
2分に要田が落ち着いて1対1を決めると、ノッテきました。
16分には要田のミドルシュートが決まります。ループ気味で決めた技ありシュート。
2人少ないグランセナは消耗がはげしく、集中力もキレたか?この後立て続けに失点
終わってみれば1-11の大差がつきました。
栗原は怒涛のゴールラッシュの最中、いつのまにかピッチに・・・。
トップ下のようなポジションでパスを散らし、カウンターからドリブル独走したり
惜しいミドルシュートを放ったりとなかなかの活躍ぶりでした。
 
虐殺ショーとなり、部外者から観るとグランセナが気の毒に感じました。
(長野サポはお祭り騒ぎ!そりゃそうだ)
しかし最後まで試合を投げずに1点を奪いにいったグランセナに拍手!
試合を観ていた少年たちの良い手本となったでしょう。
 
試合後、丸山・栗原は顔見知りのサポに挨拶。
丸山に大きな声援が飛びます。
私も引き上げる栗原・丸山選手に声をかけ握手してもらいました。
2人ともJリーグという目標に向け、目が輝いていたのが印象的でした。
 
7月27日にはサッカーカレッジとの試合があります。(11:00~サッカーカレッジグランド)
札幌戦の前に足を運んでみてはいかがでしょう。
 
画像 028画像 029
 
 

リミッターが効いちゃった・・・

1件のコメント

 
本日は北信越リーグ、ジャパン・サッカー・カレッジvsグランセナ新潟を観戦。
しようと思ったのですが・・・。
まったく起き上がれず・・・腹の具合も最悪・・・。
リミッターが効いたみたいなので、部屋で休息をとりました。
 
ネットによるとJSCは3-5で敗戦。グランセナに初白星を献上してしまいました。
JSCは前節まで2勝で2位だったのですが、相手は2弱のヴァリエンテ富山・フェルボローザ白山。
今節の敗戦により、今後のツエーゲン金沢・長野パルセイロ・松本山雅との対戦に不安を残します。
 
JSCのキーパーは諏訪だったのか?
そうだとしたら5失点はいただけませんな~
まあGKだけの責任とは言えないのですが、ディフェンス陣をリードしなきゃならないのは彼のはず。
この大敗を糧に成長してくれることを願います。
18日の金沢戦を応援しに行こうか。
でもなあ~正直、校庭でおこなわれる運動会のような雰囲気に、サッカー観戦の魅力は感じません。
選手もモチベーションとか練習との切り替えとかできるのだろうか?
学生が運営の実習も兼ねているのだから、きちんとした会場を借りれば良いと思うのだが・・・、
五十公野は贅沢としても紫雲寺記念公園多目的広場なんてベストチョイスと思います。
予算はかかるがね。
 
JFL昇格が一応目標のようですが、JFLで校庭はまずいでしょ~。
ホーム会場ひとつをとっても、本気でJFLを目指しているとは思えませんね。
 
 
 
 
 
 
 

明るい練習試合

コメントを残す

 
7日は休暇をもらってましたので、聖籠へ練習試合vs経営大学を見学してきました。
天気がいいこと、前日にチームが一歩前進したこともあって明るいムードが漂ってました。
ただ気になることが、トップの選手がピッチ脇で見学しているなかブラジル人コンビの姿がなかった事。
まあクールダウンが終わってあがったんでしょうが、試合を観ることも日本のサッカー(アルビのサッカー)に
慣れることだと思うのですが・・・。エジ・シルビーニョ・マルシオらはよく観てましたよね。
ここら辺からもまだチームに溶け込めて無い様子がうかがえます。
 
メンバーは 野澤・洋司・大輔・永田・マイケル・松下・彩翔・高徳・磯本・河原・川又 
サブにユースの福田・山崎。
2本目は野澤OUT黒河IN、松下OUT福田IN。
経営大学は何軍かわかりませんが、50番台~多く100番の選手もいました。
北信越リーグの開幕も近いので2軍でしょうか?経営大のブログを見たらTOPチームでした。
ただGKは40番でしたが顔をみたら東口君のようでした。どーりでコーチングがしっかりしてた。

結果は3-1。
16分洋司のセンタリングをフリーの磯本がワントラップして決める。
79分河原、DFと競りながら強引なシュートが決まる。
85分CKのこぼれ玉を永田が蹴りこみ決める。
 

試合は力の差もあり終始アルビのペース、特に河原は絶好調!
「サッカーが楽しくてしょうがない!」という雰囲気が感じられます。
前線からのチェイシング・ポジショニングの良さ・パスを引き出す動き・ドリブルで勝負する積極性。
シュートが枠へ行かないのが難点です←ココが一番重要だよねFWとしては・・・。
1点は決めましたがもっと取れたはず。スタメン奪取の鍵はココか?
でもブラジル人コンビはもっと枠へ飛ばないんですけど・・・つーかひとりはシュートすら打てないんですが・・・
 
両サイドの高徳・磯本のユースコンビはキレキレでした。常に勝負をしかける姿勢は立派。
高徳選手の運動量、磯本選手のスピードは目を見張ります。
プリンスリーグが楽しみですが、日程を見るとサテライトや練習試合と被りますのでプリンスリーグには
出場しないのでは?残念だ。そのほかサテライトでサブメンバーに福田・山崎・小林あたりも取られそう・・・
戦力ダウンだ、少数メンバーのしわ寄せがこんなところにも・・・。
 
ほかに目についたのは永田のコーチング。意外だった、なんとなくクールにプレーしていそうなのですが、
ドスの聞いた声で常に指示を出し、ときにはマイケルや彩翔・福田を叱責!
戦況を見る目は確かです、カバーリングも見事です、しかし今チームに欲しいのは闘争心。
「ぜったいにゴールは許さない!」という強い気持ちです。
この試合でも簡単にゴールを許しました。永田の責任では無いかもしれませんが
なんだかプレーが軽い気がしました。
 
昨日初のベンチ入りした川又は相変わらずシュートが下手、ミートしない、簡単に倒れる。
マイケルはスピード・キレが無い。
大輔はポジショニングが悪いのか石井コーチに再三注意されてました。
彩翔は慣れないボランチでしたが、チャンスでの攻め上がりは鋭いモノがあります。
河原がスタメンになったら、交代の最後の切り札は彼でしょう!
 
ツーエーゲン金沢戦に比べたら見所はたくさんありました。
まあ相手が大学生ということもありますが、チームの状態は上向きにありそうです。
 
経営大学にひとりフィジカルが強く早いFW№39の選手が目につきました。
ひょっとして彼が徳島ヴォルティスから来た金尚佑選手か?と思いましたが、
2007年の名鑑を見たらなんか顔が違うみたい・・・。
 
 
 画像 010画像 013
 
 

練習試合見学

3件のコメント

 
歯がゆいスタメン組を蹴落とすヤツはいねーのか!
 
ということで観てきましたアルビレッジでの練習試合。相手は北信越リーグのツエーゲン金沢。
 
結果は0-1で敗戦・・・。前半に川又が1点を決めたようだったが、オフサイドだったのかしら?
いーんだよ結果は、希望の光が見えたら。・・・・・しかし何も見えなかったです。
 
前半メンバー 野澤・彩翔・マイケル・大輔・中野・木暮・松下・アトム・高徳・川又・河原
 
野澤はピンチらしいピンチは無いので評価なし、コーチングの声は良く聞こえました。
中野は報道によれば好評価だったが、今すぐ松尾に取って代われるかといえば疑問です。
オーバーラップのタイミングが悪い、チャンスを見て上がるというよりあらかじめ前目のポジションを取っていて
パスがこない・孤立といった感じ。ドリブル突破も無く、クロスもあげたかな~?印象薄い。
河原・アトムはなんとなく試合をしているといった印象、幻滅。
アトムは身体が重そうでスピードが無い、彩翔の方がキレがあった。
川又は再三ゴール前でチャンスをつくるが、シュートが打てない・遅い・打ってもフカす。
それでも一番可能性は感じた。黒崎コーチからシュート技術を学んでください。
木暮はテクニックは魅せるがいかんせんフィジカルが弱い、地域リーグ相手でも劣勢。
彩翔は声も良く出てキレのある動きをみせたが、SBでは使わないでしょ。
大輔のオーバーラップにびっくり。いつのまのかゴールライン際に侵入しドリブルで一人かわす。
・・・がセンタリング上げられず、ロングフィードの精度も無かった。
 
後半は野澤OUT黒河IN。ポジションは変更がありました(詳細は自粛)
 
この後半が酷かった・・・。相手の早いプレスに前を向けず、最終ラインで回すばかり。
苦し紛れのロングボールは精度もなくチャンス作れず。
地域リーグのプレスに苦しんでどーすんのよ!!
 
挙句の果ては黒河がバックパスからのフィードを相手FWに渡してしまいあっさり失点。
元札幌の奈良が前線でタメをつくり、右サイドから11番が再三突破してくる。
CBにチェンジした中野はバタバタして応対が遅れた。
調べたら11番の高橋選手、新潟出身でJSCから横浜FCの経歴だった。張り切っていたはずだわ。
 
これではナビスコで若手を使え!って言ったってムリ。
スタメン組の連係の向上をはかったほうが良いでしょう。
 
とくにアトム・河原の精彩の無さにガッカリ。
なんだかんだ言われても寺川を使う理由がわかりましたし、交代枠を使い切らないのも理解しました。
ようは期待できないのです。
今のサブには!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

練習試合を梯子しました①

コメントを残す

 
バス移動による腰痛と腹筋痛(腹から声が出てたってことでOKかしら?)をおしてアルビレッジへ
練習試合を見学してきました。
 
11時からは控えメンバーのサッカーカレッジ戦。
12時からはユースの高崎経済大付属戦。ですので控え組の試合は前半のみです。
 
まずは控え組の試合から、注目は加入内定の木暮選手。
ボランチでスタメン出場です。まだまだ線の細さは否めません、ユニフォームがブカブカ
彼用のユニじゃないかもしれませんがね・・・
気になったのが攻守の切り替えの遅さ、戻りが遅くディフェンスの意識が薄い
野澤に「さぼるな!ディフェンスしろ!」と怒鳴られててました。
このへんはまだ合流して間もないので仕方がないかな、チーム戦術を理解してくれれば問題ないでしょう。
ボールタッチの柔らかさ、視野の広さがうかがえる~展開を変えるパスなど随所で
非凡なところを魅せてくれました。後半にはゴールも決めた模様。
来季、まずはプロのフィジカル造りからでしょうか?
あまり過剰な期待(1年目から司令塔とか)は禁物ではないでしょうか。
 
あと印象に残ったのは松尾。
右サイドハーフ~ボランチとポジションを変わってましたが、いろんな所に顔を出し
ボールを散らし起点となってました。
調子は良さそう。というかまあ「首になってたまるか!」という気持ちからでしょう。
プロとしては立派なことです。
 
帰宅後モバアルメールにて戦力外の告知が・・・。
予想とうり吉澤、秀哉、六車、三田。まあ仕方が無いでしょう。
次のサッカー人生に幸あることを願います。
衝撃はシルビーニョの解雇。確かに手術後のパフォーマンスは落ちてましたし、仕方がないのだろうが・・・。
昨季や今季も中断前は「シルビーニョ頼みのチーム」といわれていました
確実にチームは成長し「シルビーニョ依存を脱却した」ということの表れかもしれません。
なんだかベガルタあたりに復帰しそうな予感ですが、(J2なら)陰ながら応援します。
 
さて今日のサッカーカレッジはたぶんトップチーム(黒河・数馬の姿が見えたので・・・)、
GKの黒河はアルビからのレンタル移籍だったようだが、来季はどうなるのか?
私的には諏訪を実戦経験を積ませるために、JSCにレンタルすべきかと。
黒河にはスタメン奪取も期待するが、高卒ルーキーの指導役としても一役買ってほしいです。
前半はJSCが押し込む場面も有り、「プロになりたい!」との想いが彼らから伝わってきました。
 
画像 085
 
 
 
 
 
 
 

Older Entries Newer Entries