アルビレディース、今季初勝利!

コメントをどうぞ

昨日のビッグスワンはダブルヘッダー。
アルビレックス新潟レディースはINAC神戸と対戦
前半24分に先制を許すも33分に阪口萌乃がミドルシュートを決め同点に追いつく。
後半立ち上がり、押し込まれるが51分に混戦を高橋美夕紀が右足ダイレクトシュート!これが決まって逆転勝利!!
今季初勝利をかざりました。

この試合初先発のFW高橋美夕紀が結果を出す。選手起用が嵌った。
リードした展開でFW大石沙弥香を入れて抜群のタメをみせる。これも嵌った。
試合終盤、上尾野辺めぐみとのボールキープは痛快。相手DFは頭に血が上ったことだろう。
小原由梨愛の怪我もあってこの試合も3バックでスタート。
ウイングバックの渡辺彩香が高い位置でクロスを供給。これも嵌った。
弱点と思われたボランチも小須田璃菜が奮闘、球際の争いでは苦戦するも強気に縦パスを供給、頼もしい。
怪我明けの小原由梨愛が交代入ると慣れ親しんだ4バックにシステム変更。
個の技術の高いINACに対し、粘り強く身体を張って守備。スタンドも熱が入り大きくクリアするだけで大歓声!
見事に勝利をもぎ取りました。
きむジイも熱が入り、身を乗りだしましたわ。

選手に合わせたシステム、若い選手の積極的起用そして結果を出す。
存在感抜群のエース上尾野辺めぐみ。
「勝ちたい」という選手の気持ち、「勝たせたい」というスタジアムの雰囲気。
いや~良い試合だった。
このまま帰ればおいしい酒が飲めたのかも???

DAZNでトップのFC東京戦を見直しましたが、2失点目。
ロメロがボールウォッチャーになって相手選手をフリーにしてしまった。
その場面、クロスに対してファーに一人、ニアに一人FC東京の選手が侵入してきたこともフリーの選手を出した要因。
この人数を掛けた攻めが新潟には無い。
だいたいホニが2、3人に囲まれて強引にシュートを打つ場面ばかり。
人数を掛けた攻めが出来ないことが得点力不足、決定力不足の原因のひとつでしょうね。
『スピーディーミウラ』にこれを改善できるのでしょうか??

なでしこリーグ開幕!!

コメントをどうぞ

なでしこリーグ開幕戦 
アルビレックス新潟レディースvs伊賀FCくの一はスコアレスドロー。
心配していたことが現実になっていました。
『背番号5』のおかげで・・・。

ボランチが弱体。昨季は一番充実していたポジションが今季はペラッペラの選手層。
ルーキー唐橋がスタメンデビューを飾ったが、逸材であることは間違いない、しかし現役高校生にはまだまだ1部リーグの壁は厚い。
カバーすべく上尾野辺がボランチが入ったが、そのため攻撃面が停滞。
結局35分に唐橋はサイドハーフにまわり阪口萌乃をボランチに入れる。
ボールは支配しているように見えるが、決定的シーンは無く。カウンターからピンチを招く。風上の後半、立ち上がりに右サイドバックの小原を起点にチャンスは作ったがここでも得点はできず。
またもや停滞に陥る。
選手交代をしポジションを替えて打開を図るが、一度狂った歯車は戻らず。
終了間際にあわや失点の場面はGK福村がスーパーセーブで救う。
なんとか勝ち点1を得たとの印象。終了後の選手は納得のいかない表情。そりゃそうだ。
いかにも開幕戦!といった内容とも言えるが、ここからどう立て直すか??

光明は途中交代の園田瑞希がテクニックだけでなく、球際でも戦える選手だったということ。終盤ボランチに入った小須田璃菜が攻守に効いていたこと。
若い選手個々の底上げカギではないか?
『背番号5』が抜けることをチャンスと思い、頑張ってもらいたいです。

今季も試合後のファンサービスは継続らしいですが、この日は試合後のピッチでのクールダウンとトレーニングが長引いたのか?
気温が下がってコンデイションを考慮したのか??短め。ガックリ。
チョロっとやってきてさっさとバスに乗り込んでしまった。
選手も一様に硬い表情・・・。
こんなことなら「気温が下がっており、コンディションを考慮して中止とします」とアナウンスすればいいのに。
一時間以上も寒風のなか待ち、警備員にいじめられなが待ったサポーターのコンディションも考えてくれい~~

そりゃないぜ・・・

2件のコメント

20170325_083234.jpg

川村海外移籍だって。
まあ入団会見で海外への移籍を考えているとは言ってましたが。
このタイミングかよ。

腰掛というか、コンデイションの調整用にアルビレックス新潟レディースを使ったという印象。
沖縄でキャンプもできたしコンデイションは万全だろうね。
チームは川村の移籍を想定してチーム作りをしていたのか?
もし主力メンバーとして考えていたのなら、このタイムングでの移籍は最悪。
ボランチはどーすんのよ??
明日が開幕だって言うのに・・・。

私個人としては全然応援する気にもなりません。
行きたきゃ行けば!?
もう知らん。

ホーム最終戦

2件のコメント

昨日はアルビレックス新潟レディースのホーム最終戦。
デンカビッグスワンで伊賀フットボールくノ一に2-0で勝利。
見事に有終の美を飾りました。
立ち上がり2分、右サイド佐伯から小原と繋ぎセンタリング、上尾野辺が見事なトラップから左足のシュート!これがが決まり先制!!続く4分佐伯からのクロスを大石がワンフェイントを入れて左足でゴール!
パタパタと幸先とく得点を決めて、大量得点か?と思いきや伊賀も粘る。
早いプレッシャーをかけてくるが、アルビも素早いパス交換でかいくぐる。
当たりも激しくなり、女子の試合では珍しく、選手が交錯して倒れるシーンが多かった。
主審が良く見て流してくれるので選手もすぐに立ち上がりプレー続行、倒れていたのは伊賀の選手が後頭部を打ったときくらいかな。
攻守の切り替えの早い好ゲームとなりました。
後半は伊賀にシュートを一本も打たせず、安定の守備。
欲をいえば追加点が見たかったが、まあ贅沢はいえません。
好ゲームとこれでホームゲームが終わってしまうのがもったいなく思い。
もう15分くらい見たかった!?

試合後は恒例のハイタッチでお見送り!
今季は試合後にサインや握手などの対応してもらえたので、ハイタッチではもの足りなくなってしまいました。(贅沢だ)
次節の最終戦は岡山、行けるはずもなく。あ~シーズン終わっちまったなぁ~
と思いきや、29日に新発田で皇后杯2回戦。
でも行けない・・・3回戦は11/5広島・・・無理。
準々決勝は12/17に仙台。準決勝は12/23に西が丘←ココ行けそう。
決勝12/25フクアリ!ここまで来たら行くしかないでしょ!
ということで、とにかく勝ち上がって決勝まで行くべし。
そして初優勝じゃぁ~~

アルビレディース完勝!!

コメントをどうぞ

3連休、腰が痛くてダラダラ過ごす。
最終日はアルビレックス新潟レディースの応援。
コノミヤ・スペランツァ大阪高槻とデンカビッグスワンで対戦。
5-1の大勝!やったね!!

0-6で敗れた日テレ戦からメンバー変更。
センターバックに国体帰りの左山桃子が復帰。
FWに大石沙弥香、右SHに佐伯彩そしてGKは高橋智子がデビュー。
高槻は2トップに外国人選手をそろえてきた。
そこはしっかり新潟のセンターバックが対応。
中村楓のカバーも相変わらず光るが、左山桃子が国体優勝を引っ提げてバージョンアップ。フィジカル勝負、空中戦は圧勝!危機察知能力も発揮。
さらに強気の楔のパスをバンバン通す、これまでもロングフィードはあったがグランダーのパスは見られなかった。トップの選手に正確に繋ぎ攻撃のリズムを作った。
大石沙弥香がトップで収めてくれる事も大きいでしょうね。

試合は新潟のペースで進むが、30分高槻にこぼれ球をミドルで決められ失点。
しかし4分後CKから中村楓が頭で決めて同点。
43分八坂芽依がドリブルからミドルシュートを見事に決めて逆転。
前半アディショナルタイムには左サイドを渡辺 彩香→上尾野辺めぐみとグランダーのパスで繋ぎ大石沙弥香がスライディングで押し込み3-1!!

後半膠着状態になるが、80分交代出場の斉藤友里が上尾野辺めぐみとのコンビネーションでミドルシュートを決める4-1!!
82分上尾野辺→佐伯と繋ぎこちらも交代出場の川崎 咲耶がドリブル突破、冷静にシュートも決めてダメ押し5-1!!!大勝、完勝。
代わってスタメンの選手が結果を出し、控えに甘んじた選手も結果を出す。
良い傾向です、試合後は笑顔がこぼれます。
来週16日はホーム最終戦、伊賀くノ一戦も楽しみですね!!

スカパーでホーム鹿島戦を見直す

コメントをどうぞ

橙魂結集!この日はダブルヘッダー。
アルビレックス新潟レディースはジェフ千葉レディースと対戦。
八坂芽依のゴールで1-0の勝利!カップ戦を含めると5試合ぶりの勝利をあげた。
立ち上がりから新潟のペース、なかなか決められない展開、前半終わりごろから膠着状態。
そこでしっかり決めた八坂芽依、グッジョブ!
ジェフの元気の無さも気になったが、左サイドバック・若林美里が古巣相手に気を吐く。
好調な斉藤友里もなかなか突破できなかった。途中交代で助かったな。
やっているサッカーは断然トップより面白いわけで、そう感じたサポも多かったのではないか?

さてスカパー録画を見直す。実況・解説は消してね。
今回の企画で走行距離やスプリント回数のランキングを逐一載せていたが、果たしてこれは意味があるのか?スプリント回数が多くてもパスが来なければ意味が無く、走行距離が多いからといって得点が増えるわけでもない。あとボール支配率もね~新潟が勝ったそれが何??って感じだわ。

やはり前野の負傷交代が痛かった。
それまで良く守れていたし、意図のある攻撃も出来ていた。
それなのに、増田・・・・。
2失点目はまたもや目測を誤り、ヘディングクリアを空振り。
その後のカバーリングもいただけない。中にターンさせてどーすんの?
NSTニュースでのうっちー解説、舞行龍がセンターでパスを散らしていたのが効果的だったがそれが無くなったとも。右・マツケン、左・前野も効果的だったよな。

失点してからは完全に弱気。
もう自身が無いんだろう・・・。
それまでは小林からラファへのロングフィードもあったが、失点後は逃げのパスばかり・・・。
まずいよ、まずい。
入りは良くてもつまらない失点で意気消沈、焦って攻撃は空回り。このパターンばっかり。
次節・磐田戦、先制点がカギを握る。
もっと人数を掛けて、強引さも必要でしょう。
プロ野球みたいに「先制得点賞」「アシスト賞」とかボーナスつけちゃえ。
当然勝利給は「2倍」ね。
それくらいやってよ。ドケチ田村!

五十公野で2連敗・・・

コメントをどうぞ

五十公野で2連戦。
U18は鹿島アントラーズユースに1-3、
レディースは長野パルセイロレディースに1-2で敗れ2連敗。
17日のトップに続き3連敗となりました(涙)。

プレミアリーグ降格圏に沈むアルビレックス新潟U18は勝って鹿島との差を縮めたい試合。
前半4分に失点、23分に2失点目。
鹿島との体格差が目立つ、1対1の勝負にことごとく負けているのが気になる。
後半50分長谷川巧のミドルで1点を挙げる。1対1の勝負にも果敢に挑んでいる。
さあこの流れで行こう!という展開だったが、鹿島が2人を同時に交代。
流れを変えられ、またもや鹿島のペースになる。ここは試合巧者の成せる業か??
70分にとどめを刺される。一つ上の順位鹿島との勝ち点差が6に開いてしまった・・・。
強い!との印象な鹿島が下位にいるわけだから、プレミアリーグのレベルの高さがうかがえます。最後まであきらめず闘ってもらいたい。

次はレディース。
右サイドハーフに入った斉藤友里が抜群のボールキープ。
持ち上がってチャンスを作る。11分斉藤のクロスから八坂芽依のヘッドで先制!
追加点のチャンスも多いがなかなか決まらない。いやな流れだ。
38分CKから失点・・・それもポストの跳ね返りだ。
流れの中からほどんどチャンスを与えず、天敵・横山も封じていただけにもったいない。きっかけはコーナーでの攻防で八坂が相手に当ててボールを出そうとした?が、逆にゴール前に転がってしまったことから。危険なエリアではセーフティーにいくべきだった。

後半もペースは新潟。しかし追加点は奪えず。
61分大石沙弥香IN、巧みなポストプレーからのチャンスも実らず。
68分佐伯彩IN、右サイドを突破しゴールラインぎりぎりからのクロスも実らず。
八坂がGKと1対1になるが、これも実らず。
絶好の位置での上尾野辺めぐみのFKも実らず。

あ~引き分けか~と思ったアディショナルタイム。
新潟ゴール前でのクリアボールを拾われミドルシュートをぶち込まれジ・エンド。
あ~ホントにもったいない試合だった。

長野から大挙駆けつけた長野サポを喜ばせる展開に。
まあ熱いのは良いんですが、メインスタンド中央までズカズカ侵入して来るところは浦和とか仙台に通じてウザい。さらに大声でコールもしちゃうからもっとウザかった。ゴール裏行けっちゅーねん。
こっちも熱くなって応援するから相乗効果かもしれないが、今後トラブルも起きうる。
まあ新潟のそれもレディースサポはやさしいから、今回は見逃してやったで。

アルバムはコチラ

Older Entries