完封。

コメントを残す

2020,7.11 第4節 ホームvs松本山雅 1-0の勝利!!新潟がトクイなウノゼロ(1-0)よ!帰ってきたよ芸風が((笑))

藤田が良かったよ。ファンブルやサイドをドリブルで運ぼうとしたりと危なっかしい場面もありましたが、積極的な飛び出し、相手FWとぶつかりながらのセーブ等 気迫あふれるプレー。前節の翌日からのトレーニングでしっかりと良いパフォーマンスが出来たのでスタメン維持か。そのメンタルの強さはプロGK向き。後ろから「ボール!(によせろ)」と声を掛け続ける。時には「マウロ!!」と怒鳴りつける。こういう声が聞こえるのは今の時期の特権だな。

きむジイは視覚障害の為、視界が曇ってしまい、まるで霧の中で試合をみているかのようだった(ザンネン)

帰宅後さっそくDAZNで見直すが、解説がU山氏。スカパー時代を思い出させるアウェイ寄りの解説…。久々に腹が立ったわ。何故か言いたいことが理解できない話方も健在。それでは北海道リーグのチームの監督も務まらわんわな。

メインスタンドは3席間隔を開けての配置。前後も斜めになるような配置。禁止のはずの手拍子も聞こえたような気もしますが、ありゃ拍手が重なってのモノだし自然発生のものだから大目に見てね!Jリーグさま。

ネガティブなヤジは聞こえないし、トンチンカンな素人解説も聞こえない、拍手に包まれるスタジアムは良い雰囲気でしたわ。

なんせピッチ内ウォーミングアップに出てきた松本の選手にも拍手喝采。なんて優しいんだ新潟サポよ。

ホーム開幕戦だよ⁉

コメントを残す

2020.7.4 ホーム開幕戦vs金沢 惨敗…情けない。

待ちに待ったホーム開幕戦1時間前から画面の前でソワソワ、放送開始でワクワク、開始5分の先制にウハウハ。その後の4失点にムカムカ。

とりあえず藤田は休ませよう。前節は庇ったが、致命的ミス2発はいただけない。ディフレクション2発も不運だがDF陣の寄せの遅さ距離の遠さに原因があり、そこを修正できなかったのか?金沢のGK白井は味方DFに激怒してたよ。

金沢の寄せの速さ球際の強さに手を焼く。はじめは被ファールで誤魔化していたが、徐々に前を向けなくなりパスの出し所に困る状況に。

ここからショートパスを繋いでの攻撃に活路を見出したところは従来のアルビとは違うところ、後半投入の至恩のキレ味は見事。4失点から1点差まで追いつく粘りを見せたが…安易にPK献上勝負あり。アチャー

攻撃時 新井、堀米は高い位置を取り、ゴンザレスが下がって3バックみたいな攻撃的布陣を敷いたが機能してたか?まあ3節目だし試行錯誤も良いだろう。

問題は守備。あれだけゴール前で相手をフリーにして近づきもしなけりゃやられるワイ。マークの受け渡し、コーチング、カバーリングが上手く機能してないのかしら?これは舞行龍の復帰でなんとかなりそう(願望)

次節もホームゲーム。さらにはサポも入ります(5000人だけど)。声援を拍手を受けて闘えるのだ!快勝を望みます!!

不甲斐ない試合をしたらボール紙と違って黙ってないぞ~~(笑)

待ってたよ

コメントを残す

2020年6月27日 J2リーグ再開!やっと第2節ですよ

アウェイ甲府戦 3-3のドロー。先制するも追いつかれ逆転されるも、また追いつき逆転。アディショナルタイムの失点はいただけないが…まあ粘りの試合展開でした。メンタルが両チームとも強かったね。

実質開幕戦にしてはチームは仕上がっている。チームの活動休止などを乗り越えてしっかりとトレーニングを積んできたのであろう。

あとはGK小島DF舞行龍の復帰が待たれるところ。なんせ過密日程だから怪我が怖い。そんななかGK藤田のデビューは朗報。3失点はしたがすべてGKのせいというわけでは無いはず。今後に期待。

なんか投稿が久しぶり過ぎて 文章が硬い~(笑)

ホントは嬉しくてうれしくてニッコニコ。もう今シーズンは無理なんじゃないかも?とネガティブになったりもしましたがとにかく無観客チガッタリモートマッチであってもアルビが帰ってきた。あとは感染を拡大させないようにすることが重要。第4節は5000人までの制限付きだがスタジアムでの観戦が可能になる!イメージがわかないがどんなスタジアムの雰囲気になるのだろう??

ハイタッチ禁止?大声禁止??

でもとにかくビッグスワンに行きてぇーなぁ~~

延期。

2件のコメント

Jリーグ延期ですね。皆さんお元気ですか?

3月7日のホーム開幕戦後に飲み会を予定してましたが中止。

3月15日から沖縄遠征を予定してましたが中止。取消料11660円なり(ナミダ)

3月8日のアルビレディースの激励会も中止。

私は何を楽しみに生きていけば良いのだ(オオゲサ)

なんて言ってたら新潟で感染者がでた。それも新津!!

いや~身近に迫ってきましたよ。(アセアセ)

果たして3月18日からリーグ戦は再開できるのか??(ドキドキ)

激励会

コメントを残す

2020年いよいよスタート

激励会へ行ってきました。

新加入選手の日本人選手を把握してなかったり、新外国人選手の顔を見分けられないとかしましたが、2年目の選手の顔つきが逞しくなって別人のようでした。

怪我からの復活を狙う選手、リーグ戦出場を目指す選手、昨季後半の不調から復活を目指す選手。皆のきりっとした顔を見て期待せずにはいられません。

監督が代わって横一線のスタート。気合も入りますでしょう。

舞行龍の契約がまだ決まってないようですが。守備の要ですのでちょっと心配。まあ激励会まで参加して退団なんてないよね??

8月までの契約が残っているがその後の詳細を詰めているってところでしょうかね

スライドショーが上手くできたので貼っておきます

めでたい!

コメントを残す

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

白内障手術のおかげで視界の白い曇りは改善されました。ちょっとは試合が見えやすくなるのかな?と期待しております。

さて新年早々めでたい出来事。ヴィッセル神戸の天皇杯優勝。

神戸にはなんも思い入れはありませんが。

きむジイチルドレンの出世頭・酒井高徳が優勝に貢献したことが嬉しいのです。

あのスター軍団の中で存在感を出し、攻撃の起点となる。やはり彼はトップリーグで活躍すべき選手であって、2部のアルビでプレーさせるのはまだまだもったいないのです。

ここはJ1昇格を果たし、酒井高徳を迎え入れましょう。

それも現役バリバリのうちに!!

残留。

コメントを残す

12月14日J1参入プレーオフ決勝戦 湘南vs徳島 1-1のドロー。規定により湘南が残留を決めた。

きむジイチルドレン・長男 大野カズはスタメンフル出場。

キャプテンだったのね…。大変なシーズンだっただろう。

ビッグスワンでカズへのブーイングを聞きたくなかったので湘南びいき、試合は徳島の先制で面白い展開。当事者じゃないから気楽なもんだ。徳島の河田は相変わらずワンパクなシュートを放ちワクワク。←(湘南びいきじゃなかったのか??)

追いついた湘南がレギュレーションを最大限活用して逃げ切った印象。湘南はホームで戦えたのも大きかったわ。

来季ここには加わりたくない、決めるなら自動昇格でおなしゃす。

ps 11日に右目の白内障の手術が終了。現在自宅療養中です。

右目はクッキリハッキリ、部屋の蛍光灯を変えた時の感じ。人工レンズで度数も変えたので右目が良く見える。でも左目はまだよく見えないのでガチャ目状態ですわ。裸眼だと左が見えず眼鏡を掛けると右が見えない(度が合って無いから)不便です。

17日にまた入院して左目の手術です。術後が楽しみですが。手術が怖い…だっていろいろ見えちゃうし、グリグリする感触もけっこうきますので(笑)

ドキドキ。

コメントを残す

残留争い、昇格プレーオフ、そして移籍ばなし…ドキドキの週末。

まずは7日のJ1最終節。裏天王山の清水vs鳥栖をDAZN観戦。

スタジアムの熱気、選手の気迫。なりふり構わない戦い方。観ているこちらもドキドキ。いや~当事者だったら耐えられん。鳥栖サポさんにお友達が多いので鳥栖びいきでしたが、清水ドウグラスにやられた。湘南リードの経過が入り、なんと慰めようか思案していたところ松本追いついた~降格が決まった松本がホーム最終戦で意地を見せたね。で、ソリさん退任らしいのでひょっとしてひょっとするとGMくるか!!?とドキドキ。

Fマリノスは15シーズン振りの優勝だって!そういえば数年前日産スタジアムでマリノスに快勝して優勝阻止した試合もありましたね~(遠い目)あの時は6万人のマリサポが沈黙して気持ちよかった~思い出してドキドキ。

8日は昇格プレーオフ。まあこちらは順当。観衆は1万人を超えても熱気はそれほど感じず(IAIスタジアムが凄すぎたせい)。河田ナイスgoal。しかし湘南に勝つのは厳しくないか??湘南の大野カズ頑張れとドキドキ。

レオナルドは浦和移籍か?とのニュース。

サポカンでの社長の「最低限の違約金を相手が払えばうちらは止められない」というニュアウンスのコメントで雲行きが怪しくなっているのを感じました。11/8の地区後援会総会では「違約金の設定が高めなので問い合わせはあってもオファーは無い」とニコニコ顔だったのに…。ドケチレッズが違約金を払うことにびっくりだが今季の成績をみれば尻に火が付いたか。まあ仕方がない売ったお金でアルベルト監督経由でスペインからスゲー選手取れ!新外国人FWにドキドキ。

そしてきむジイは12/10から新大病院眼科入院です。(2泊3日が2回です)白内障手術してきます。たいした手術ではないが緑内障手術をやって目に穴が開いてますのでいろいろリスクがあるらしいのでドキドキ。

なんとか成功して視界の白いモヤがとれて、来季はクリアな視界で昇格を見届けたい。視野欠損は治らないので過度な期待は禁物ですとドクターから釘を刺されておりますが。

サポカン。

コメントを残す

12月1日サポカンへ行ってきました(今年は入れてもらえた(笑)詳しくは動画を見ればわかりやすい。ついこないだまで記事録完成まで1カ月かかっていたからレスポンス向上に驚く。

入場が遅れたのですが最前列中央がポッカリと空いていましたので陣取る。プロジェクターの隣。

質疑応答はトップバッター。途中言葉に詰まるがなんとか誤魔化した。ようやくU18チームもスカウティングに乗り出したとのこと。

どんな選手が入ってくるのか?楽しみですね。

監督は吉永氏。ホンキですな、クラブは。

あと、興味深いのはGMポスト。スペイン語が堪能とかで、いったい誰なのか??マサカソリマチ?

貴章、達也らの契約満了は監督の意向だってさ。

社長の話が長くて質疑応答は短め。まあ内容満載でわかりやすくてよかったが…。あれはこっちの体力を消耗させる作戦もね。

お別れ。

コメントを残す

2019シーズをもって契約満了。

やっぱりそうだよなぁ~と思いつつ、実際挨拶を見てしまうと寂しいかぎりだ。

野澤、ヨンチョル、貴章からは新潟loveが溢れ。ますます寂しい。

最終節はFMportを聞きながらの試合観戦、ピッチサイドリポーター松村さんのエピソードが興味深かった。野澤が史哉に。小川が至恩に。貴章が新太に。何気ないアドバイスが若い選手を楽にさせ奮い立たせる。

ベテランの存在価値はそこにある。果たして来季はその役目を誰が担うのか?少し心配ではある。

4人とも{お疲れさまでした。ありがとう!!」

ラジオを聞きながらの観戦は楽しかった。試合を目で追うのが厳しくなってきたので、その補佐として。実況の立石さんの落ち着いた喋り、解説の梅山氏の適格な解説(スカパー時代とは大違い)。そして松村さんのタメになるお話。聞き応えあり。オススメ。

で、DAZNで試合を見直すと、ウチダがキャンキャン騒いでいた。

長崎の話題満載で長崎が得点すると大絶叫!腹立つわ~

力量に差がでたのが、長崎イバルボの交代時のイエローカードの場面。PORTでは「バックスタンド側からピッチに出なさい」という主審に何か侮辱したのではないか?と指摘。一方ウチダは「何ですかね~ピッチを出る際エキサイトしてましたね~」とまったく理解していない模様。

ルール改正で もっとも近くのラインからピッチを出ることになったことを知らないようだ。勉強しろ。

ウチダこそお別れしたいわ!

試合後はきむジイとゆかいな仲間達で打ち上げ。昇格を逃そうと消化試合だろうと相変わらず大盛り上がり(笑)これが昇格祝いだったらどうなることやら⁉  参加された皆さんありがとうございました。

Older Entries