あけましておめでとうございます

2件のコメント

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつも「私的アルビ日記Ⅱ」をごらんいただきありがとうございます。

投稿がタイムリーでは無かったり、変換ミスがあったりとご迷惑をおかけしております。ゆる~く応援していただけるとありがたいです。

そして、ビッグスワンで一緒に応援している皆さん、いつも飲み会やバスツアーに参加してくれる「木村組」の皆さん、アウェイで一緒に応援してくれる皆さん、鳥栖サポのお友達の皆さん、今年もよろしくお願いします!!

さてさてアルビレックス新潟の2016年シーズンが始まりますね。山本、大井が抜けて新加入が京都の伊藤だけ。新卒と昇格とレンタルバックばかり。補強が全然進んでないようなのでちょっと心配です。監督も代わるし開幕が早いしと準備は大丈夫かいな??

今季はまずは残留して、基礎作りでしょうか?若手の成長に定評がある吉田監督の下、うまく選手が伸びてくれればチームとして成長してくれるはず。

がんばれ!アルビレックス新潟!!

 

 

広告

万博で夢破れる・・・

コメントをどうぞ

万博、からではなく東京から帰宅。
10日にキックボクシング観戦してきました。
そのため、試合時間はちょうど高速バスの車中・・・。
スカパーオンデマンドでの観戦となりました。
静かな車中で声を抑えるのが大変でしたわ。

前半は守備も攻撃もはまっていた。
『怪獣」パトリックを大野カズが抑える、さすがはファイター!ほとんど仕事をさせなかった。
攻撃はサイドで平松宗がハイボールに競り勝ち、ボールを折り返す。
チャンスも多く作るが、決めきれない。
山崎がポストに当てるとイヤな予感が・・・。
それでも前半は0-0。
ハーフタイム中に決勝戦の時間を確認したり、新幹線の時間を確認したり、
『取らぬ狸の皮算用』をはじめる。
後半
ギアを上げてきたガンバ。
押し込まれ防戦一方のアルビ。中盤がスカスカなので倉田に突かれた。
レオシルバの不在が響きましたよ、やっぱり。
遠藤のFKは届きそうで届かなかった。
ガンバは1-0で決勝進出。もう無理はしない。
こうなると打開力が無くなるアルビ。
ラファが入ってもスペースが無くスピードが活かせない。
宗を下げたのでハイボールのターゲットは居ないし。セットプレーのチャンスもアルビの場合チャンスでもなく・・・。
最後は守田も攻撃参加しましたが、なぜか離れた位置にポジショニング。
クリアされても居残ったため無人のゴールに蹴りこまれた・・・
ジ・エンド。

2試合を通して、ガンバのゲームプランにヤラレた。
チームの経験値も高かった、勝負強い。

アルビはこの悔しさをバネにさらなる成長を遂げてもらいたい。
まずはJ1残留。
松本戦は絶対に勝て!!!

おっとその前に天皇杯3回戦か!?
メンバーはどおすんだろ???

スカパーでアウェイ甲府戦を見直す

コメントをどうぞ

「ノーリスク」
「負けない試合」
甲府のプラン。
選手も我慢の引き篭もりサッカー。
こんなの毎回観て甲府サポは面白いのだろうか?

スカパーの録画を見ても、何度も居眠り・・・。

ヤンツー監督いわく
「9割方守備を考えているチームを崩すのは難しい」
あのドン引き守備を崩せるポゼッションは、アルビにはまだ無理。
選手コメントを見ると、アルビもリスクを犯さない戦いだったようだ。
たしかにカウンターは怖かった、というか阿部タクマが怖かった・・・。
尚紀が振り回されてたね。
とにかく勝ち点1は積み上げた、1点でも大事だよ。

「次の試合まで間隔が開きますが」とのアホなインタビューに
ちょっとキレ気味だったヤンツー監督。
ナビスコ準決勝、天皇杯、リーグ戦。2週間で4試合。
この連戦が松本戦にどんな影響を与えるのか?
反町は引き篭もり戦術を使うのかな?
勝ち点3を目指してガンガン来てくれば逆にやりやすい。
とにかく松本戦が大一番。

シーズンパスキターッ!!

コメントをどうぞ

2015年シーズンパスが届きました!!
諸事情により代引きにしたので約8万円が飛んでいきました~
すっかりビンボーになっちまったぜ~~~

守りきった~

2件のコメント

鳥栖サポさんと飲み会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日(昨日か・・・)ホームで鳥栖戦。
1-0で勝利、ホーム初勝利を飾りました。

まあ内容は1-3で負けてもおおかしくないないようでしたが、そんな中で勝ちきることが出来たのは上々。
ポストさま様ですわwww。
鳥栖のやりたいサッカ-ーをやられただけに粘った。

で、試合後は鳥栖サポさんとの飲み会開催。
日曜日とあって参加者は鳥栖サポ9人、アルビサポ13人。
去年より少なめ・・・でもめっちゃ盛り上がったで~~~
これは10月のアウェーゲームに行かなければならないでしょう
10月の再会を楽しみにしててください。

スカパーでアウェー大分戦を見直す

コメントをどうぞ

昨日は朝から福岡から飛行機で新潟へ。
なんと選手と同じ便でした、エスカレーター前方にガタイの良い人がいるなぁと思ったら舞行龍だった。
そして三門、征也。
三門と握手したが機嫌が悪そう・・・。
トイレに行き用を足していると隣が達也だった!手を洗っている達也に「達也選手、おはようございます」と声をかけたらビックリされた・・・。
あわてて「昨日応援にいってました!」とアピール。「あ、ありがとうございます」とさわやかに返事をしてくれた。
搭乗口に向かうと見慣れた男、渡辺泰広が。「お久しぶりです!応援に来てたんですか?」と相変わらず爽やかだ。
ボーディングブリッジを歩くとジンスが居た。握手をしたが眠そうだった・・・。
座席に着くと来るわ来るわ選手たち、堅碁と舞行龍、宣福、武蔵と続くと外タレグループかと思う。
ホージェルガウーショはレゲエシンガーのようだ、レオは近くでみると青年だった(あたりまえだまだ20代)。
ヤンツー監督は先生のようだった。東口は学生みたいだし。
ひとりミーハーになってしまった。
旅のスタートは散々だったが最後にサプライズでした。

で、スカパー。
実況と解説がク●。今季3戦して2勝1分け!だの8年間負けが無いだの(大分は3年間J2にいたじゃん)。くだらんデータを羅列。
吉村寿洋氏は相当なホームびいき。このひと2011年の福岡との開幕戦のときも解説してたよな。すごくムカつく解説だった覚えがある。
後半から音声を場内音声のみに切り替える。便利な機能があってよかった~。

屋根の開閉装置が壊れたとかで、雨でも閉まりません。
なんでも大分の選手はホームで雨の試合の経験が無いとの事。過保護なのも困りますね。

例の先制点はスカパーのメインカメラが追えないほどの唐突なもの。
ラッキーでしたね。いつ先制点が入ってもおかしくない流れでしたけど。
3-1で迎えた終盤、大分の猛攻に耐える展開に。映像で見るとけっこうヤバかったんですね。
ここで1失点でもしたら、大分を勢いをづかせたかもしれません。GKの東口のファインセーブをはじめ最終ラインの頑張り、セットプレーの流れでは堅碁もシュートブロックに行く。こういった全員が身体を張ることができるのは強みですね。

試合後選手に罵声を浴びせる大分ゴール裏。
拡声器を使って扇谷主審をあおったり、東口をヤジる。
あんまりガラがよろしくないようで。
ま、とうぶん会うことも無いか・・・。

大分駅前にはトリニータカラーなんてさっぱり無かった。
レプリカを着たサポもほとんど居なく、シャトルバス乗り場がわからないほど。
チーム名の由来、県民・企業・行政の三位一体(トリニティ)はどうしたのでしょうかね。

スカパーでアウェー東京戦を見直す

コメントをどうぞ

現地のゴール裏で見た印象では「悪くなかった」試合だったが、映像でみると完敗でした。
F東は前節鹿島に凹られ4失点、この試合は気合が入っていたようです。
2センターバックとダブルボランチのブロックが強固。あまりのしつこさに岡本が高橋秀人にキレる場面も。
好守の切り替えも早く、お株を奪われた感じ。

アルビのボランチは急造コンビ。
センターバックの舞行龍は後半開始前に嘔吐しちゃって体調が悪かったようです。
この差が大きかったのか。

1点を追うアルビは4人のFWを投入、しかし機能したとは言えがたく。逆に守備のバランスを崩して2失点・・。
ヤンツー監督の博打は失敗に終わる。
レオの存在の大きさを思い知る試合となってしまいましたが、もう一人の欠かせない男、キムジンスも負傷交代のようだった。
次節は間に合うのか?
相手は16位湘南とはいえ残留のため必死、そんなチームにからきし弱いのがアルビレックス新潟。
「弱きを助ける」どころじゃないので、アウェーの悪い流れをホームで断ち切りましょう。

プレースキックの精度に満足が行っていませんでしたが、愛媛にレンタル中の加藤大が今日も直接FKを見事に決めていました。
来季は満を持して、加藤マシャルデスになって帰ってくるのか!?期待が膨らみます。

Older Entries