バーベQ大会!

コメントをどうぞ

 
アルビユースチームのバーベQ大会に親でもないのに招待されましたスマイル
今日はサテライトチームとの練習試合。
試合直後にオレンジカフェ前の広場で開催されました。
怪我明け・怪我中の永山祥大・渡辺泰広・平松宗・早川史哉くんらがすでに準備中。
どこを怪我して来週の試合に間に合うかどうかは秘密です。
 
酒井高徳選手も顔を出し、少し話をすることができました。
様々なポジションをこなさなきゃならないので大変だそうです。
ただ片渕監督が言うには、監督というのは「いろんなポジションがこなせる選手」をベンチに置きたいとのこと
「そのためにユース時代に様々ポジションを経験させたんだ」とも。
高徳選手は今季のチームがクラブユースベスト4、Jユースカップ決勝トーナメント進出と
昨季を超える成績を残していることに、悔しさも感じてもいるそうです。
 
お母さん方の手づくりおにぎりや、鍋料理なども並び豪華版。
肉を焼くのは選手たち、さすがに育ち盛りとあって父親テーブルには肉がまわってきません・・・。
自分たちが食べ飽きたころ?ようやくまわってきましたたまに黒焦げも~うまかったです。
 
とにかく選手たちは仲が良い!
玉川皓太くんは選手のまとめ役というかアニキ分。
父親テーブルや母親テーブルにも気配りを欠かせません。
意外だったのは早川史哉くんの弾けっぷり!
選手みんなにイジラレ・愛されてましたね。
 
最後は記念撮影大会。
重なり合う選手たちに、「怪我をしないか」心配しましたが、そんなヤワではないですね・・・
毎年このイベントを開催する頃は全試合日程を終了してましたが、
今年はJユース・サンスタートニックカップ決勝トーナメントが残ってます。
監督にも話を聞くことができましたが、かなり手ごわい相手らしい。
それよりもサッカー専用球技場の雰囲気に呑まれないか、横河武蔵野大応援団による
アウェーの雰囲気も心配してました。
その点、数は少ないですが新潟からも応援に行きます。
負けてられません!なんとか選手の後押しをしたいですね。
 
最後まで元気だった選手たち。
監督が「ピッチ上だとおとなしいんだよな~」とボヤいてましたが
なるほど、あの元気でピッチを駆け巡り~声を掛け合ったら勢いが出そうだ・・・。
さあ12月6日は決勝トーナメント1回戦!西が丘へ行ってきます!!!
がんばれ~アルビユース!!!
 
 
 
 
 

高岡遠征PHOTO

コメントをどうぞ

 
高岡遠征の写真をUPしました~
「フォト」よりアルバムをごらんください。
 

高岡遠征その②

コメントをどうぞ

昨夜は20:00まえに帰宅~疲れました。
 
前夜に泊まったホテル(民宿?)が超衝撃的(笑劇的)。
ネタというかつっこみどころが豊富でしたので、番外編として後日UPします~
 
第一試合・日立栃木vs矢崎ヴァレンテが気になるので、10:30には会場へ。
キックオフまもなくJAPANサッカーカレッジの選手が到着、私の周りが空いていたため
選手たちと一緒に観戦するはめに・・・。
「おお~土井だ、本田だ、渡辺だ~」とひとりミーハー気分。
矢崎が中盤は支配するが、ゴール前でのラストプレーがトホホ。
日立栃木は効率良く得点を重ねる、「アップする前に1点入れてくれ矢崎~」との声も聞こえ
選手たちもモチベーションの持ち方が難しいようです。
前半終了後、スタメンと控え選手たちはアップへ向かいました。
後半は日立栃木のゴールラッシュ、結局5-0で日立栃木の勝利。
これでJSCの昇格の道は閉ざされてしまいました。
 
第2試合はJSCと、決勝大会へ90分での勝利が義務づけられたAS.ラランジャ京都戦。
JSCは長谷部彩翔をFWで使ってきました。
秘策なのか、単にFWが居ないのか。
きむジイ願望の攻撃的・彩翔が見ることができました。
いや~やっぱり攻撃的ポジションの彩翔は良い!
ライン裏へ抜ける動き、ポストプレーでのボール捌き、中盤に下がってのパスを引き出す・・・。
水を得た魚のようにイキイキとプレー。
惜しいシュートも再三放ちますが、GKの好守もあってゴールは得られず残念。
しかしいったい誰が彩翔を「右SBにコンバート」したのだろう?
才能が埋もれちゃったじゃないかよ。と親バカのように思います。親じゃないけど・・・
 
試合は彩翔と植田の2トップが再三チャンスを演出。
硬さの見える京都はミスが多い、リラックスしたJSCが自分たちのサッカーを展開。
前半は0-0。
後半開始1分、植田が裏へ抜け出しGKと1対1→が、GKに防がれた。
4分左SHの池川がサイドを突破→PA内に浸入、たまらず京都のDFが倒しPKゲット!
蒲谷が落ち着いて決めてJSC先制!
スタンドで観戦中の日立栃木の選手たちが盛り上がります。
その後勢いに乗ったJSC、彩翔・植田がどんどん裏へ抜け出します。
とくに植田はチャンスが数多くありましたが、GKの好守があったりミスだったりで
3点くらいは存した感じ。
JSCがもたつく間に31分、京都が追いつき1-1。
今度は京都が勢いに乗ります。がJSCのディフェンス陣GK諏訪も持ちこたえます。
日立栃木にとってはこのまま引き分けでOK。
スタンドの選手たちは終了の笛を今か今かとそわそわ。
そしてついに終了のポイッスルが鳴り、ガッツポーズの日立栃木の選手たち。
がっくりの京都の選手。ピッチとスタンドで天国と地獄の様相です。
 
ピッチでは両チームにとってどうでもいいPK戦へ。
京都が2本外し、PK戦4-2でJSCの勝利。だれも喜ばず、ガックリせず。
なんとなく終わってしまった・・・。
 
京都のGKは泣き崩れ、しばらく立ち上がれませんでした。
気迫のセーブも実らず、悔しかったのでしょう。
スタンドからは惜しみない拍手が彼に送られました。
 
JSCは昇格の可能性が無くなり、どういったモチベーションでこの試合に臨むか注目しましたが
手を抜くことなく、逆にリラックスし素晴らしいゲームを魅せてくれました。
プロ選手ではないかもしれませんが、サッカー選手としてのプライドでしょうか。
きっと来季へ繋がる試合となるでしょう。
 
そして長谷部彩翔はどうなるの?
アルビに復帰できるのか?
もし復帰できないとしたら、彼にはJ2でもJFLでも地域リーグでもどんどんトライアウトに参加して
厳しい環境に身をおいて、もう一度輝きを取り戻してほしい。
どうもJSCではナアナアというかぬるま湯という雰囲気。想像ですが
このまま埋もれるのはもったいないですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

試合速報

5件のコメント

全国地域リーグ決勝大会予選リーグ最終日。
第一試合、日立栃木vs矢崎バレンテ前半終了。3分と33分に日立栃木がゴールし2-0。
しかし矢崎が主導権を握ってます。逆転の可能性はまだ有る…と信じます。

このままではJSCの昇格の道が閉ざされてしまいます。

高岡遠征その①

コメントをどうぞ

 
JFL昇格への道「全国地域サッカーリーグ決勝大会」へ行ってきました。
会場は富山県高岡スポーツコア・サッカーラグビー場。
久々の自走での遠征でしたが、3時間ちょっとでしたのでまあ楽か?
JFL昇格への道は各地域リーグを勝ち上がった14チームと全国社会人大会を勝ちあがった2チームで
4つのグループリーグを戦い、各グループの1位のみが決勝大会に進み1位と2位がJFL昇格、
3位チームが入れ替え戦を戦います←たぶん。
 
会場に着くと第一試合の日立栃木ウーヴァSCvsAS.ラランジャ京都の後半スタートでした。
スコアは1-1。JAPANサッカーカレッジ(JSC)にとっては京都が勝って、
あす京都にJSCが勝利!が理想のパターン。
しかし栃木が終始優勢です・・・。
こりゃ栃木が勝っちゃうか?と思いきや京都も粘り、PK戦へ。
4人目?を京都のGKが止めAS.ラランジャ京都の勝利となりました。
ただしPK戦ですので京都には勝ち点2、栃木にも勝ち点1が与えられます。
 
さて次はJSCvs矢崎バレンテFC。
JSCは長谷部彩翔が出場停止、マイケルジェームズがベンチ、宇野澤祐次がベンチ外。
ボランチ・本田真吾、左SB・渡辺圭二、GK・諏訪雄大、FW・土井良太あたりがスタメンです。
開始からJSCのペース。中盤でパスがつながり両サイドへ展開、左SB渡辺や右SHの蒲谷が基点となります。
前線の土井のところでボールが良くおさまり、矢崎に付け入るスキを与えません。
19分CKから、こぼれたところを中央フリーのFW山本が豪快に蹴りこみ先制!!
得失点差の関係上さらなる追加点が求められましたが、チャンスは作るも無得点・・・。
守備陣は矢崎のシュートを終盤の2本に抑える仕事ぶり。
 
後半に入ると矢崎が修正してきました。
中盤の本田・麻生といったところにファール覚悟でハードに当たってきます。
FW土井も潰されます。
そうなると主導権は矢崎に・・・、前半では見られなかったパス回しと裏への飛び出しでJSCのゴールを狙います。
前半をみて実力差があるのかと思いましたが、さすがサッカーどころの東海代表。
侮れませんでした。
JSCは前半を飛ばしすぎたが?運動量が落ち、FW土井も負傷の影響か動けません。
攻撃もサイドからの単調なクロスに終始し、矢崎のDFも慣れてきたのか楽々クリア・・・。
楽勝ムードから一転、押し込まれます。
しかし矢崎のラストプレーの精度がないため大事には至らず、このまま1-0で終わってしまうのか!
ついついきむジイも熱くなり声援を送ります。
45分何回目かのCKのチャンス、GKが弾いたところを土井良太が押し込み、ようやく追加点2-0!!
ロスタイムも攻め続けますが、タイムアップ。2-0で試合は終了となりました。
 
JSCは勝ち点3を得ましたが、(決勝大会へ出場できる)1位への道はきびしいもの。
1位は勝ち点5のAS.ラランジャ京都、2位が勝ち点4の日立栃木ウーヴァSC、3位がJSC。
明日の第一試合日立栃木が矢崎に勝てば勝ち点7。
JSCが京都に勝利したとしても勝ち点6ですから及ばず、JFLへの道は閉ざされます・・・。
もちろんJSCが京都に負ければジ・エンド
矢崎が勝ってくれることを願いますが、勝ち点0でグループリーグ敗退が決まりモチベーションは
ガタ落ちでしょう・・・。応援するサポも見当たりませんでしたから、なお更か。
ただ東海代表として全敗はイカンでしょう。彼らのサッカー選手としてのプライドに賭けます。
そしてJSCの選手は京都に勝利することだけを考え、しっかりと準備し闘ってほしいものです。
さあ明日がたのしみだ~
 
 
そしてもう一方のハラハラはアルビユースvs神戸ユース。
引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定します。
現地からのメールを今か今かとまっておりましたら0-0の連絡が!!!
やりました!初の決勝トーナメント進出です!
おめでとう~
決勝トーナメントは12・6。会場は関東圏??
行くしかないでしょ!!
 
 
 

試合速報

コメントをどうぞ

まずはアルビユース。今日アウェーで神戸ユースと対戦。
0-0で引き分けてグループリーグを2位通過。見事にJユース・サンスタートニックカップ決勝トーナメントに進出します!
やりました!

そしてJAPANサッカーカレッジは、今日矢崎バレンテ戦に2-0で勝利しました。

しかし、明日の第一試合に日立栃木が矢崎バレンテに勝利したらサッカーカレッジの1位の可能性は無くなり、決勝大会への道が途絶えます…
他力本願ですが、可能性はまだあります。モチベーションを切らさずに頑張ってほしいですね。

デジャブ??

2件のコメント

 
毎度まいどのお決まりのパターン。
チャンスに得点を決められず、反撃を受け失点・・・。
焦って攻撃は上手くいかず、交代は後手後手・・・。
マルシオが居ないと攻撃は構築できず・・・。
 
「鈴木監督退任」のカンフル剤も切れた模様。
ホームゲームで毎回あんな試合を見せられたら観客動員も減るわな。
寒さもあって今日の観衆は28491人、ガラガラですわ。
試合も寒かったし、最悪
帳尻合わせのように、終了間際にようやく反撃に出ても遅い!っちゅうねん!
ワンタッチツータッチのパスにこだわり過ぎと違いますか?
肝心の相手ゴール前でのパスに精度が無く、シュートの意識も低ければ勝てませんよ。
オーバーラップした選手のスピードを殺すマイナスのパスも多すぎる、なぜ?
選手の判断が遅いのか??いまだに連係不足なのか???
一概に監督の責任とはいえませんが、鈴木監督ではもうこれ以上は望めないのかも?
今季限りでの退任は妥当ではないでしょうか。
次期監督が決まってない中、不安は不安ですが
毎シーズン夏場に失速し、競り合いに弱く、リードされてはズルズル行く・・・。
こんな試合を見るために私の収入では決して安くないシーズンパスを買っているわけじゃないんです。
 
ほんとにツマラン!!
腹が立つ!!!!!
もう優勝もACL出場も無理なんでしょ。せめて最終節のホームは勝てよ!!!
以上。
 
さて明日は地域リーグ決勝大会。
JAPANサッカーカレッジは今日の初戦1-3で栃木日立に敗戦。
痛いつまずきですが、残り2試合全勝で望みをつなぐべし!!
せっかく応援に行くのに、消化試合になっては堪りませんからね~
 
アルビユースも明日大一番を迎えますが、どうやら親御さんたちの応援も少数の模様・・・。
うー「頑張ってくれ~」それしか言えません・・・。
富山の地から応援しています。
 
 
 
 
 
 
 
 

Older Entries